歯科費用の控除額

歯科費用の控除額について

歯科治療での費用も医療費控除

前歯をセラミックなどの自由診療で差し歯にしたり、インプラントを入れた場合など保険が適用されないので医療費は高額になってしまいます。このような歯科治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。また、矯正の場合も、噛み合わせに問題があり、機能的な回復のために矯正治療が必要だと言う診断書があれば控除の申請ができます。1年間に支払った医療費が10万円を超える場合には対象となりますので覚えておきましょう。世帯全員分が合算できますので、一人一人は超えていなくても全員を加算したら10万を超える場合もありますので歯科以外のものも含めて領収書は保存しておくことをおすすめします。

歯の治療にかかる費用を考える

健康的な生活をしたいと思ったら、まずは美味しく食生活を送れるようにしたいと思うものです。食べ物が美味しく感じられるようにするには、口内環境というのがとても大切なのです。歯科検診などをして、常に歯の状態を良くしておくようにしましょう。虫歯や歯茎の状態、歯並び、噛み合わせ、歯の色、無くした歯など、それぞれ状態は違うものですが、自分が快適になるように治療を進めるといいのです。費用はかかってしまうものですが、保険がきくものもあるのです。ですから、きちんと検討しながら、自分に合う歯科クリニックで治療をしてもらえるように口コミなどを参考にするといいでしょう。

↑PAGE TOP